キャッシング審査で落とされるブラックリスト

キャッシングを利用するには、クレジット会社で審査を行う必要などがあります。この審査によってはじかれた人は、現在から3か月前以上きちんと返済しておらずクレジットカードが自動的に使えなくなったことがある、いわば、ブラックリストに載ってしまった人になります。

 

キャッシングを契約する場合は勿論、利用限度額も重要です。利用限度額が50万円以下の場合、本人確認書類として運転免許証を提示するだけで契約可能なのがその訳です。

 

しかし、希望する限度額が50万円を超える額だったり、他社借入額と合算して100万円を超すと、収入証明書を提出せねばならず、 事務手続きがちょっと繁雑になるという訳です。

 

今のキャッシングは時が経つにつれて便利になってきて、スマートフォンで24時間いつでも気軽に借り入れ可能なので、人気となっています。

 

店頭に行かずとも、スマートフォンがあればどこにいても申込みを行うことが可能です。

 

Web審査も時間がかかりませんし、契約手続きもすべてスマートフォン1台だけでできるのです。

 

改正された貸金業法で1社で50万以上、又は複数社で100万以上の貸付をする場合は年収額を証明できる書類等を提出する必要がありますが、裏を返せばそれ未満であれば年収を証明する書類は提出しなくてよいということもありえます。
ただし、それに満たなくても年収証明できるほうが好ましいと考えられます。

 

キャッシングの際の最低額はいくらなのか気になる所です。

 

会社のうち、多くが1万円が最低額になっていますけれど、会社によっては1000円単位でも使える所もあります。

 

1万円くらいを最低額の基準と考えておけばいいでしょう。キャッシングと聞けば、カードローンと変わらないものだと思いがちですが、返済の方法が違うのです。

 

一括返済をするという前提でクレジットカードにより現金を引き出すのがキャッシングで、分割払い希望の際はカードローンといいます。カードローンは月々の返済は容易ですが、利息がかかることを考慮しなければなりませんし、どちらにしても延滞の際には注意が必要といえます。
キャッシングの審査で落とされてがっかりしてしまった経験はありますか?私はあります。
でも、がっかりする必要などないのです。キャッシングはもう一度審査することが可能だからです。再度申し込んでみると予想外なことに審査に受かることもあるでしょう。